こんにちは!先日3回目の帝王切開で三男坊を出産しました、たこ子です。

赤ちゃんも3カ月になりちょっと落ち着いてきたので、ママたちとおしゃべりしにブロガー喫茶ぽてこにやってきました。

喫茶ぽてこにて

ぽてこ

「たここさん、よく3人も帝王切開がんばりましたねえええ!経験していないとほんと痛々しい限りなんだけど・・・。」

はぐ

「私も帝王切開だったよ!」

Tsumuri

「私も!」

たこ子

「そうだったんですかぁ!」

なんと喫茶に集まったママ10人中3人が帝王切開経験者でした!!

帝王切開で生まれる赤ちゃんは年々増えているそうで、2014年の厚生労働省の統計によると、一般病院での帝王切開の割合は24.8%、「約4人に1人」が帝王切開で生まれてくる赤ちゃんなんですって。

帝王切開経験ママが多かったのでなんだかうれしくなっちゃいました。

私はそこそこ難産ながらも普通に産めてしまった人なので、ぜひ帝王切開の話くわしく聞かせて!

帝王切開を経験したママ達が、全3回にわたって「帝王切開の気になること」ぜーんぶ、ぶっちゃけトークしちゃいます!

第1回のこちらの記事では、

  • みんなが帝王切開になった経緯
  • 帝王切開と告げられた時の気持ち
  • 実際の手術の流れ
  • 帝王切開でよかったこと

について語ります!

それでは、帝王切開ぶっちゃけトークシリーズ「手術編」。いってみよー!

スポンサーリンク

みんなが帝王切開での出産となった経緯は?

帝王切開といっても、予定帝王切開緊急帝王切開の2種類があります。
その中にもさまざまな理由があるので、みんなが帝王切開になったいきさつを聞いてみました。

喫茶ぽてこにて

たこ子

「私は、1人目が逆子だったんですよ。妊娠27週のとき逆子が発覚したんですけど、先生からは『まだまだひっくり返る可能性あるから、逆子体操してみましょう!』って言われて頑張ってました。でも結局最後まで逆子のままだったので、予定帝王切開になりました。なので、2人目と3人目も帝王切開になりました。」

ぽてこ

「1人目が逆子ちゃんやったんや…😭うちも2人目が30週ぐらいまで何度も逆子になって焦ったよ😭1人目が帝王切開だと、次も帝王切開になるの?」

たこ子

「帝王切開出産後に2人目3人目を自然分娩で産む!って方法も一応あります。でも、子宮破裂のリスクがあるらしく、私はリスクをとりたくなかったので3人とも帝王切開にしました。みなさんはどんな経緯で帝王切開になったんですか?」

Tsumuri

「私は妊娠経過は順調でしたが、陣痛の前に破水したんです。深夜にLDRに入院して、助産師さんに『自然な陣痛がこなかったら朝の診察後に促進剤になる』と言われました。
ところが夜中にどろどろに濁った羊水が出て、助産師さんは『緊急帝王切開の可能性がある』って。翌朝の先生の診察でも同じことを言われて、入院翌日の夜中に緊急帝王切開になりました。陣痛のときにあかちゃんが濁った羊水を肺に吸い込んで重い合併症を起こすリスクがあって、先生1人の開業医ではリスクを取れないから促進剤ではなく緊急帝王切開にすると聞きました。」

たこ子

「濁った羊水…それは、びっくりしたでしょうね。はぐさんは?」

はぐ

「私は2人目出産のとき、陣痛から始まったけど、回旋異常があって赤ちゃんがうまく産道を通れずにひっかかってしまって。胎児の心拍も落ちてきたので緊急帝王切開になりました。陣痛にも耐えたし、術後の傷みもありで2度痛かったですね。」

たこ子

「陣痛も経験して、帝王切開後の痛みも経験したなんて、ほんとに辛い!」

ブロガー喫茶に集まった帝王切開経験ママたちは、みんなそれぞれ違った経緯で帝王切開に挑んでいました。

ちなみに予定帝王切開と緊急帝王切開の割合は、予定が約6割緊急が約4割だそうです。

そして、緊急帝王切開は全分娩の約7%なんですって(『なんちゃって女医の育児日記』参照)。

これ、私は意外に多いなーって感じたんですが、いかがでしょうか?

予定帝王切開の方はもちろん、普通分娩予定の妊婦さんにも、少しだけ帝王切開のことについて知ってもらえればなーなんて思っています。

帝王切開になると告げられた時、みんなが思ったこと

私(たこ子)の場合は予定帝王切開だったので、ある程度物の準備も心の準備もゆっくりとすることができました。

でもお二人は緊急帝王切開だったので、急なことでびっくりされたんではないでしょうか?

帝王切開になるとわかった時の気持ちについて聞いてみました。

喫茶ぽてこにて

Tsumuri

「私は、破水してから出産までの感情の大波がやばかったです!思い出すといまだに涙腺ゆるむくらい。」

たこ子

「やっぱりそうだったんですね・・・。」

Tsumuri

「妊娠経過は順調だったし、36週過ぎたら歩いたりもして、出産はあかちゃんから陣痛の合図があったら、出てきやすいように呼吸をあわせて頑張ろうって、イメージトレーニングしてたんですよ。ところが実際は破水から始まって、陣痛促進剤と言われて。」

はぐたこ子

「うんうん。」

Tsumuri

「さらに、羊水が濁っているから緊急帝王切開と言われて、奈落の底に突き落とされた気持ちでした」

たこ子

「自分の思っていたお産の形とは違ってたんですもんね。」

Tsumuri

「朝の診察から手術までは感情の揺れがほんとうにすさまじくて、なんなのこのポンコツの身体?!なんで産んであげられないの!って恨めしかったです。助産師さんが上手にサポートしてくれなかったらどうにかなってたと思います。」

たこ子

「いい助産師さんでよかった!」

Tsumuri

「ほんとうにいい助産師さんでよかったです。『どうやって生まれてくるかを選ぶのはあかちゃん自身だから』とか、そんなことを言ってくれたような……」

たこ子

「その状況になるまで、まさか、自分が帝王切開になるなんて思わないですよね。」

妊娠の経過が順調で自然分娩する予定の妊婦さんが、いざ出産!となってから、緊急帝王切開になる場合、気持ちの整理はなかなかつきにくいものですよね。

予定帝王切開の場合は、事前に詳しく手術の方法や合併症について先生から説明があります。その時に疑問点については質問することができますし、助産師さんからは、準備物や持ち物についても教えていただけます。

でも緊急帝王切開の場合は一刻を争う状況のことも多いため、十分な説明がされない、できない場合も多いと思います。

実際に緊急帝王切開だったママの話をきいて、その時の決断ってホントに大変なものだったんだなと改めて思いました。

スポンサーリンク

実際の手術はどんな感じだった?

さて、帝王切開手術が決まって手術室へ行ったあと、実際の手術はどのような流れで進むのでしょうか?

私(たこ子)の場合は予定帝王切開だったので、

  1. 手術予定時刻になったら、歩いて手術室に向かう
  2. 手術台に自分で上がる
  3. 麻酔科医が腰に腰椎麻酔と硬膜外麻酔をする
  4. 手術開始
  5. 5分くらいで赤ちゃん誕生
  6. 傷を閉じて手術終了

という流れでした。

手術室に入ってからお部屋に戻るまで、全部で大体1時間15分くらいでした。

ほかのお二人は緊急での帝王切開でしたが、どんな流れだったのか聞いてみました!

喫茶ぽてこにて

たこ子

「お二人の、手術の流れはどんな感じでしたか?」

Tsumuri

「当日夫の同意書を取ったくらいで、あとの流れはほぼ同じだと思います。それと、普段は先生1人の開業医なので、手術までに応援の産科医と麻酔医を提携病院から呼んでました。LDRで剃毛や導尿管などの処置があって、その後は手術室まで歩いて自力で手術台に上がりました。」

たこ子

「私の場合は、麻酔かかってから導尿管(尿を自然と出すための管)を入れたので、全然痛くなかったんですが麻酔かかってない状態だと痛そう・・・。」

Tsumuri

「麻酔はだるいし、導尿管は痛いし、手術室は寒いし、おなかの中をぎゅうぎゅうされるし、なんか嫌で手術中グチってました。麻酔して手術が始まってからこどもが出てくるまでの時間は覚えてないけどそんなに長くなかったように思います。生まれてから手術終了までの方が長かったような。」

はぐ

「麻酔が効いてからはびっくりするぐらい痛みがなくなり余裕がでてきたので、先生達の会話を冷静に聞いていました。その会話も和やかっただったので悪い状況ではないんだろうなと思ってました。」

Tsumuri

「さすが、はぐさん・・・。」

たこ子

「緊急での帝王切開だったのに、冷静に先生たちの会話を聞いてるなんてすごい!」

はぐ

「大体30分ぐらいで産まれてきました。その後にお腹の中を掃除されたのか、バキュームみたいので吸われたんですが、なんか気持ち悪かったかな。」

緊急での帝王切開だったのに、冷静さを失わなかったはぐさんがすごすぎる!!

私は、予定帝王切開でも、1人目の時は全く余裕なかったです・・・。

手術室に入ってからの流れは、予定でも緊急でもあまり違いはなさそうですね。とにかく手術が始まってから赤ちゃんが出てくるまでの時間はとっても早いのでびっくりしました!

より詳しい帝王切開の流れについて、メンバーのブログでもまとめています。

順調な妊娠経過からの前期破水&羊水混濁……緊急帝王切開の第1子出産レポ
これはわたしが第1子を出産したときのおはなしです。妊娠中は軽いトラブルはあったものの、おおむね元気な妊婦だったわたしは、出産も順調に進むと思いこんでいました。ところが実際は破水したあともまったく陣痛がなく、羊水が濁っていたので緊急帝王切開に…
帝王切開レポ、手術室入室から、部屋に戻るまで!赤ちゃんが生まれるまでたった6分!? | おかんインフォ
こんにちは、たこ子@okan_info3です。 今日は、私が体験した帝王切開の手術室での流れについてご紹介します! 帝王切開レポを最初から見る場合はこちらです!↓ 手術当日の流れはこちらからどうぞ↓ やっとお母さんに会えたよー! 点滴台を押しながら、歩いて手術室へ! 手術室到着時間の5分ほど前に助産師さんがお部屋に声掛けにきてくださいます。 私の手術は9時半からだったので、9時25分ごろ助産師さんが迎えに来てくれました。 「そろそろ行きましょうかー。」 腕からは点滴が入っているので、点滴台を押しながら手術室まで歩いて行きます。 助産師さんが、「楽しみですねー」と話しかけてくださり、やっと、赤ちゃんに会えると思うと、ほんとにワクワクしました。 私は、今回が3回目の帝王切開だったので、あまり緊張などはせず、ただただ、楽しみ!というのと、 術後の痛みが強くなければいいなー なんて、手術のあとの心配をちょっぴりしてましたね。 そんなことを考えている間に、手術室に到着しました。 いよいよ、手術室内部へ! 手術室の入り口では、 名前、生年月日、今日は何の手術予定なのか?を聞かれました。 これは、患者取り違え防止のためですね。 そして、助産師さんと、手術室の看護師さんは申し送りをしています。 その横で、もう一人の看護師さんに 「髪はゴムで縛って、この帽子をかぶってくださいね。」 と、帽子を手渡されたので、かぶります。 手術室の中には、ICU(集中治療室)につながる扉と、手術のための個室が何部屋かありました。 私は、以前もこの病院で帝王切開してるのですが、その時は余裕がなかったのか、あまり周りを見ていませんでした。 今回は余裕があったので、きょろきょろと辺りを見回し、ちょっと変な人だったかも。笑 その後、個室にはいり、手術のための準備をしていきます。 腰椎麻酔は意外と痛い!! 手術室の個室の真ん中には、手術台がドーンとおいてあり、その周りにはたくさんの機械や薬品、手術に使う道具などがおいてあります。 よく、医療ドラマで見る光景そのものです。 すでに、看護師さん2人、産婦人科の先生(手術助手の先生)、麻酔科の先生、赤ちゃんが出てきた後にお世話をしてくれる助産師さん、がいました。 大勢に迎えられてなんだか少し恐縮します!笑 お部屋の中では、j

思い描いてた出産の形とは違ったけど・・・帝王切開でよかったこと

自分の思い描いていた出産と違ったり、術後の痛みに苦しんだり・・・。

帝王切開をして大変だなって思ったこともありましたが、逆によかったなって思ったエピソードについて聞いてみました。

喫茶ぽてこにて

たこ子

「私の場合は予定帝王切開だったので、事前に「何日に入院して、何日に手術。何日に退院」っていうのが決まってたんですよね。特に2人目以降は、上の子の幼稚園の送り迎えや、私が入院中の食事などについて事前にしっかり手配できたのは良かったです。基本ワンオペ育児なので。お二人は、帝王切開でよかったなって思うことありますか?」

Tsumuri

「やっぱりこどもの安全を守れたこと。下手するとこどもになにかあったかもしれない状況で、合併症もなく元気な「オギャー!」が聞けてよかった。ぶっきらぼうで普段は口の悪い先生が『あかちゃん全然なんともなく元気に生まれた、100点のお産やな』って。それを聞いて、お産の経緯も全部肯定できたし、産み方なんてどうでもよくなった。あの先生でよかったと思う。」

はぐ

「ホントにそうだよね。何よりも赤ちゃんが無事に産まれてくれたこと。これにつきます。産み方なんてどうでもいい。痛みに耐えるのがいい母親みたいな神話は今すぐになくなればいいと思う。どっちも大変だし、無痛を選べるなら堂々と選んでいいと私は思います。」

帝王切開ママの経験談「手術編」まとめ

帝王切開経験ママたちのぶっちゃけトーク「手術編」、いかがでしたか?

「産み方なんてどうでもよくて、赤ちゃんが無事に生まれてよかった。」

お二人のこのお話を聞いて、私自身も、本当にそう思いました。

赤ちゃんが生まれてくることってホントに奇跡なんやなぁ。

みんなとお話しできて、ほんとによかったです!

今、膝の上で寝いてるわが子が、さっきよりさらに愛おしく見えてきました♡

さて、次回は帝王切開手術が終わったあとのお話「術後編」です。

  • 手術の後ってどれくらい痛かった?
  • みんながやってた、痛みの対処法は?
  • 手術の傷跡って目立ってる?
  • 術後、知らなくて驚いたこと!

などなど、赤裸々に語ります!

帝王切開の術後の様子について知りたい方、必見です☆

スポンサーリンク