早く在宅ワークで稼げるようになりたいな~と思っている、たこ子です。

同じく在宅ワークで稼ぎたいと思っているメンバーや、すでに在宅ワークで稼いでいるメンバーと、当喫茶内で熱く語り合った内容をまとめている、在宅ワークシリーズ(在宅ワーク言い過ぎww)

前回は、

  • 在宅ワークにはどんなものがあるの?
  • 喫茶メンバーが実際に稼いでいる在宅ワークとは?
  • メンバーが実際に1万円稼ぐのにどれくらいの期間がかかったの?

などについてまとめました。

一言に在宅ワークと言っても、いろんな形態のお仕事があったんですよね。

その中でも、Webライターやブログなら特別な資格やスキルがなくても始められて、誰にでも稼げるチャンスがあることもわかりました。

私は去年からブログを始めたけど、まだほとんど収入ないなぁ…。

ブログには本当に夢があって誰でもガッツリ稼げる可能性があるのは確かなんだけど、「向き」「不向き」はあると思うんだよね。

確かにそうかもね!

Webライターやブログの先輩ママたちによると、在宅ワークを始める理由や状況によって、「どちらから始めるのがおすすめなのか?は変わってくる」とのことです!

じゃあ、具体的にどっちから始めるのか、どうやって選べばいいんやろ…?

そこで、Webライターとブログ、どちらから始めればよいのか?選ぶ際のポイントを先輩ママたちに聞いてみました!

スポンサーリンク

Webライターとブロガーの違いって何?両者の特徴について聞きました

喫茶ぽてこにて

たこ子

「Webライター(ライター)とブロガーってどんなところが違うのかな?みんなが思っている、それぞれの特徴について教えて。」

sonic

「ライターもブロガーと同じように【ネット上に掲載する文章を書く】ことが仕事内容ですが、

  • Webライター
    クライアントに依頼されて書く。作品(記事)もクライアントに納品。
    報酬:クライアントから原稿料をもらう。
  • ブロガー(ブログを書いて収入を得る人)
    自分が書きたい内容を決めて書く。ネット上で公開するための場所(ブログ)は自分で用意しなければならない。
    報酬:ブログに貼りつけた広告などで収益を上げる。収益はすべて自分のもの。ただし、サーバー代などの維持費も必要となる。

という違いがありますよね。」

ぽてこ

ライターは【もらえる報酬が先に約束されてから作業できる】ってところがいいよね。収入の予測が立てやすい。ブログは収益の予測がつかないからね…」

たこ子

「まず一つ、収入が保証されているかどうか、という違いがあるんやね。他にはどんな特徴がある?」

あや

ライターは与えられた仕事をこなしていくってイメージかな。極論いえばcssやhtml(Webデザインの知識)なんて知らなくてもライターできちゃうよ。ドキュメントやテキストファイルの納品だと、ほんとに文章書くだけで終わるのがライターだから。読みやすい文章を書くなどの工夫は必要だけどね。ブロガーのほうが幅広い知識が必要だと思うな。」

Tsumuri

「在宅じゃないけど、仕事でライティングもしてる私としては、自分の売ってるものって文書そのものじゃなくて、自分の「スキル」な気がしてる。

あや

「そうそう、そんな感じ!ライターのお仕事で、某企業ホームページのコピーライティングをさせてもらったことあるんだけど、これこそスキルを売ってる気がした。」

ぽてこ

Webライターはライティングに特化した専門職で、そのスキルを誰かに買ってもらって仕事を請け負うお仕事だよね。クライアントの評価があがるとお給料があがる。それに対して、ブロガーはライティング以外の業務も何から何まで全部ひとりでするという覚悟が必要。私はブロガーって1人で3畳の小さなお店を切り盛りしてる店主のようなイメージなのよね。」

たこ子

「なるほど、ブログは小さなお店かぁ。」

ぽてこ

「ブロガーはまずはお店の土地見つける&商品を1から作って並べるところからで、最初は来店すらされない環境だし、頑張ったぶんだけ売上が立つなんて保証はどこにもなし。店のお掃除や補修、レジの設定なんかも自分でしなきゃいけなくて本当雑務多いし、とにかく早くまとまったお金が安定的に欲しい!!ってな状況の人は絶対選んじゃダメな道だよね。ちゃんと育てば資産になるし、可能性は無限大というところは素晴らしいんだけれど。」

たこ子

「土地を仕入れるところから…ってそりゃ、ブロガーは収入を得るまでに時間がかかるわけや。」

Webライターとブロガーは一見似たような文章を書いているように見えますが、実は仕事の中身には違いがあったんですね!

先輩ママたちが思う、Webライターとブロガーの違いについてまとめると、

fa-arrow-circle-right

Webライター

  • 仕事を受ける前にあらかじめもらえる報酬がわかっているので収入の予測が立てやすい
  • ブログに比べると1万円の収入を得るまでにかかる期間が短い前回記事に詳しく書いています)
  • クライアントから依頼されて文章を書く専門職のような仕事
fa-arrow-circle-right

ブロガー

  • Webライターに比べて初めての収入を得るまでの期間が長い
  • 記事を書く段階ではいくら稼げるか、わからない
  • 記事を書く以外にブログの立ち上げやメンテナンスもすべて自分でやらなければいけないので、仕事の幅が広い

と言えそうです。

特に、収入の確実性や収入を得るまでの期間には大きな違いがあることがわかりました。

ブログは実際にお金を稼げるかどうか数か月以上たたないとわからないので、会社員やパートのように時給や月給、そして給料日がはっきりと決まっているお仕事とは大きく異なりますね。

例えば、在宅ワークで月収〇万円稼ぎたい!と思ったときに、ブログの場合は、どの程度の記事数や文字数を書けばいいのかを逆算することが難しいですが、Webライターの場合は、1文字単価〇円なら〇〇文字書けばいいな、ということが逆算できるので収入の見通しが立てやすいのです。

例えばライターで月に1万円稼ぎたければ、1文字1円の案件で1万文字書けばいいということですね!

在宅ワークを選ぶ際のポイントは、「在宅ワークをしたい理由」による!

最近は、メディアなどでも在宅ワークが取り上げられていて主婦の間でも人気になっていますよね。

先日、久しぶりに小さい子を持つ友人2人と会ってきたのですが、2人とも在宅ワークをやってみたいと話していました。

ヨリ子
育休中に、子どもを見ながら家でできる仕事があればいいのに。

ミカ
わかる!!家でできる仕事したいわぁ。育休明けて、職場に復帰するの不安でしかないもん…。

やっぱりみんな考えることは同じで、在宅ワークしたいんやなぁ…。Webライターやブログなら家にいながら稼ぐことができるかもって教えてあげたいな。

友人たちには、できれば遠回りせずに彼女たちに合った在宅ワークからはじめてほしい!と思ったので、どちらから始めるのがおすすめなのか、先輩ママたちに聞いてみることにしました!

喫茶ぽてこにて

たこ子

「私の友達2人も在宅ワーク始めてみたいって言ってるんやけど、私と同じで2人とも特に在宅ワークに活かせる資格や特技がないみたい。そんな2人にWebライターやブログなら稼ぐチャンスがあることを教えてあげたいんよね。2人の場合はどちらから始めるのがおすすめだと思う?」

ぽてこ

「まず、お友達2人の状況を詳しく聞かせてほしいな。なぜ在宅ワークをしたいのかは、在宅ワーク選びのすごく大事な基準になると思うんだよね。」

たこ子

「2人はこんな子なんです!」
ミカ(仮名:31歳)
  • 子供は3歳0歳で、現在育休中
  • 夫は帰りが遅く、平日は基本ワンオペ育児
  • 産休前に働いていた職場は忙しく、残業は当たり前の環境
  • 仕事が忙しく子供とゆっくり関われないことと、帰宅後にイライラして1人目の子に強く当たってしまった経験があり、フルタイムでの職場復帰を不安に思っている
  • ホントは仕事を辞めるかパート勤務をしたいけど、そうすると収入が減ってしまい家計のほうも不安
  • マイホームを買ったので、ローンの返済もあるし子供の将来のために貯金もしたい

在宅ワークでしっかりと稼ぐことができるならやってみたい!

ヨリ子(仮名:31歳)
  • 子供は0歳で現在育休中
  • 夫の帰りは遅く、両方の実家も遠方のためワンオペ育児中
  • 産休前の職場が激務で、育児しながらの復帰に不安があったので育休は3年取った
  • 夫のお給料はそこそこ良いので生活に困っているわけではないけど、せっかく空いた時間があるなら将来のためにお金を稼ぎたい!
  • 毎日子供と2人きりでなんとなく生活にハリがない
  • 何か子育て以外の楽しみがほしい、やりがいを感じられることをしたい

子育てしながら在宅でできるなら、何か始めたい!出来ればお金も稼げればうれしい。

たこ子

「大体こんな感じかなー?こう見てみると、2人が在宅ワークをしたい理由は結構違ってるね。」

ぽてこ

在宅ワークで稼いだお金を生活費に回すつもりなのかどうか、でどちらを選ぶのがいいのかは変わってくると思うんだよね。確実にお金になる仕事を探しているミカさんタイプの人はWebライター(ライティング)から始めるのはどうかな。
そして、ヨリ子さんのように「主婦」以外にやりがいが欲しくて、ついでにお金も稼げたらうれしいなってタイプの人はブログを始めたらいいと思うなぁ。」

あや

「わたしも、その意見に賛成!」

ぽてこ

「手堅くお金にしていくならライターから実績積み上げていくことを頑張っていったほうが、しっかりとした収入になる可能性は高いよね。だから、文字書きが好きでそれを仕事にしたいなら、ライターからチャレンジすることに意味はあると思うな。

sonic

「私も基本それでいいと思います。でも、最初は、ライターのお仕事に応募しても審査に通らない時期もあったんですよ。無駄な時間を過ごすくらいなら、その間にブログを始めてみるのはどうでしょう?ライターでいけそうならそのままライターでいけばいいし、「ブログの方が性に合ってるわ!」ってなったらブログに力入れればいいですしね。」

あや

「ライターは初心者でも案外すぐに1万円稼げるけど、ブログは1万円稼ぐのにそれなりの期間もスキルもいるからね。」

ぽてこ

本当に在宅で稼ぎたいなら誰かの元でライター業などをまずがんばっていく順番が間違いない。私も、もし本気で「在宅ワークで稼ぎたい〜!!」って思ってるなら絶対そうする。」

たこ子

「クラウドワークスなどで募集しているライター案件見てると、初心者でも記事が書けるようマニュアルをもらえたり、自分の書いた文章を添削してくれたりするみたいだし、まずライターで記事の書き方を鍛えるのもよさそうだね。」
fa-hand-o-rightまとめ
  • 外で働きたくないけど、確実にお金になるお仕事を探しているタイプ
    ライターから始めるのがおすすめ
  • 平凡な主婦以外に『仕事』というやりがいがほしいタイプ
    ブログから始めるのがおすすめ

在宅ワークの目的が生活費なのか、主婦以外のやりがいなのかでどっちを選べばいいかは変わってくるってことですね。

ん?ちょっとまてよ…?私の場合は、堅実に収入を得たい(海外移住のための生活費)タイプやから、ライターから始めたほうがよかったってことやん!?

ここまでのみんなの話を聞いていると、どうやら私はブログよりもWebライターから始めたほうがよさそうなタイプだということがわかりました!!

ということで、さっそくクラウドワークスランサーズでライターのお仕事を探してみましたが、お仕事がたくさんありすぎて、どうやって案件を探せばよいのか全く分かりません…。

ライターのお仕事ってどうやって選べばいいのーーー?教えて♡

わからないことを聞くと、すぐに答えてくれるのが頼もしい喫茶メンバー達!

ホンマに最強のおばちゃん軍団や…。心強い!

そして、みんなにアドバイスをもらいながら無事にライティング案件を受注することができました。

初心者が、初めてWebライターのお仕事をするときの案件の選び方については次回の記事でお伝えしたいと思います。

Webライターの先輩ママに加え、実際にWebライターさんに記事書きを依頼してサイトを運営していたメンバーのアドバイスもありますよ😊

スポンサーリンク

ライターやブロガーに向いている人とは?初心者の私が実際にライターをやってみたけど…

クラウドワークスで探したWebライティングのお仕事にさっそく取り組み、初心者の私でもなんとか無事に1つお仕事を終えることができました。

今回のお仕事は、「ブログ記事を1記事作成する」というものでした。

ただ、Webライティングのお仕事をする中で気が付いたことがあったんです!それは…。

自己主張が強いタイプの人は、Webライターに向いていない!?

喫茶ぽてこにて

たこ子

「今回はテストライティングに申し込んでみて1記事かせてもらったんやけど…、めっちゃ難しい!!なにが難しいかというと、自我を抑えるのがめっちゃ難しい!!w私、やっぱり自分を押し出してしまうタイプなんやって改めてわかったよ…。調べたことを当たり障りなく書くのってなんかすっごいむずむずする。」

sonic

「あー、おかん……それライター向いてないですww」

たこ子

「あ、やっぱり😅ww」

ちょこみす

「わたしも一昨年シュフティで何件かライターやってみたんだけど、興味ないジャンルの記事を書いてて辛かったんだよね。」

sonic

「ちょこみすの興味あるジャンルでライターの仕事を探してみたらどうですか?探したら結構あると思いますけどね。」

ちょこみす

「興味あるジャンル〜ってことでフリーのサブカルについて好きなこと書いていい案件で、ある好きな少女漫画について書こうとしたけどすごく難しかったんだよね…。」

ぽてこ

「そんな濃い話は、自分のブログでやるのが一番いいよwライターは確かに即お金にしやすいお仕事としては魅力的だと思うけど、【ライターとしてやっていくのに向いてる人】ってなると、自我を抑えられる人、順応性高い人じゃないと長く続けるのは無理かも…(私は無理だなww)」

たこ子

「私も、む、無理かも…。収入の面だけじゃなく、性格的なものでも向き不向きがありそうやね。」

私が実際にライティングをやってみて気づいたこと、それは…
自分を押し出してしまうタイプの人はWebライターに向いていないかもしれない!ということ。

Webライターのお仕事は、クライアントさんから「こんな記事を書いてほしい」と依頼された内容について、書籍やインターネットで調べ、文章にまとめることです。
ライティングのお仕事をする上で重要なのは、「読者の方にとってわかりやすくまとめる」ということ。

基本的にライターの個人的な意見は求められていないんです!!

Webライターの仕事は、自己主張の強い人よりもクライアントの意向や要望に沿った記事書きができる人言われたことをきちんとこなすことができる人のほうが向いているようです。

SNSなどの発信が好きな人はブロガーに向いているかも?

喫茶ぽてこにて

おりょう

「TwitterやInstagram、昔でゆうとmixiとか、SNSで発信することが好きな人は、ブロガーに向いてると思うんだけどどうだろう?家事でも子育てでも夫婦の悩みでもなんでもいいから、SNSが好きで世の中に発信したいことがある人はブログを頑張るのがよさそう。」

あや

「そうかもね。ライターってせっかく記事を書いても、記事が自分のものにならないのがもどかしいのよね。」

たこ子

「せっかく書いたのに、記事が他人の物になっちゃうのはちょっと寂しいね。具体的に書きたいことがある人はブログを頑張るのがよさそう!

おりょう

「ブログは書きたいことがたくさんあって時間足りない!くらいの人の方が楽しめると思うから、やっぱりSNSで発信するの大好きな人は無条件でブログに向いてると思う!逆に、自分の得意なことや好きなことがわからない人は、向いてるものを探すために、いろんなライターのお仕事をのぞいて見ると世界が広がると思うな。」

なお

「SNSが好きかどうかでブログに向いてるかって考えるの面白いね!私はライターやったことないけど、〆切あるのがキツく感じるだろうなぁって思ってて、その点ブログは更新しなくても自業自得なので自分のペースでやればいいやって安心感がある。」

おりょう

「ライターなどの請負の仕事で収入を得ながら、ゆっくりブログも育てていって、ゆくゆくはブログの方にシフトしていければ最高だよね。」

ブロガーは自分の生活や経験の中での出来事について記事を書いていくことが多いので、発信したいことがたくさんある人はブログに向いているといえそうですね!

書きたいことありすぎて時間足りないって私やー!!

私も!!全然追いついてないけどね…😅

「すぐに正解がほしい!」タイプの人は、ブロガーに向いていない

喫茶ぽてこにて

ぽてこ

「ブログってさっきも言ったように【3畳のお店】っていうのがかなりしっくり来てるんだよね。パートレベルの収入を得ようと思うと、ブロガーは戦略力が必要と思うんだ。ただ趣味でやってるだけじゃそう儲かりません…。」

たこ子

「ブログって、こうやったら絶対に儲かります!みたいな正解がないから難しいよね。」

あや

「アフィリエイターやブロガーは、RPGのゲームを攻略本なしでやる人に向いてるって何かで見たことあるなぁ。あーでもない、こーでもないって自分で考えながらコツコツ進めていく(努力していく)ってことだよね。」

ぽてこ

「それ、めっちゃわかる〜〜〜〜〜!!!!正解がないことこそが楽しいし、どうやったらできるのかってのを考えてる時が最高潮にワクワクするから、その楽しみ取らないで!って感じ。私はほんまにブログ以外に趣味ないし、大好きで仕方がないからここまできたんちゃうかなと思う。。。」

Webライターとブログは2本柱でいくのがおすすめ!

喫茶ぽてこにて

ぽてこ

「在宅でライティング業をこれから生業としたいならライターとブログ、2本柱でやっていくのが1番おすすめだと思うな。」

sonic

「私もそう思います。どっちもやるメリットとして、まだライターで実績がないときに応募画面で『ブログを運営しています→URL』と書けば実績を提示することもできるんですよね!」

あや

「私もクラウドワークスにブログのURL貼ってるけど意外とアクセスされてるから、ブログをやって損はないと思う!」

たこ子

「ブログはアピールポイントになるから、もしライターやろうとしてお仕事の審査になかなか受からなかったら、ブログを始めてスキルをアピールするって感じやね。」

sonic

「ちなみにブログを始めるなら絶対にWordPress(ワードプレス)がおすすめ!なぜかと言うと、WordPress使えますってだけで応募できる(スカウトがくる)案件もあるから。」

ぽてこ

「うん、ブログやるなら絶対に初めからWordPressで始めるべき!と私も思ってます。理由は↓こちらの記事で詳しく書いています。」
稼ぐためのブログを開設するなら、初心者こそWordPressをオススメします
稼ぐブログを始める近道シリーズ第二段です。 子育て中の専業主婦でもブログで簡単に稼げる仕組みを説明しよう 前回の記事で、「よし!ブログを始めよう!!」という気持ちになってもらえたでしょうか。 それでは

実際に、今回私が受注したライティングのお仕事も「WordPressに直接記事を入稿してください」というものでした。

やはりWordPressの使い方に慣れている方がお仕事の幅が広がりますし、報酬もアップする傾向にあります。

ブログをやっていたことが、少しは役に立ったかも!?

Webライターとブログには収益の確実性や即効性に差があることは、これまでの話にも出てきました。

ブログで稼ぐには時間がかかるので、「失敗しても次を試してみよう!」と思えるよう時間とお金の余裕も必要です。

Webライターで確実な収入を確保しつつプラスでブログをやっていく、という方法は収入を安定させるという意味でもおすすめです。

在宅ワークの始め方まとめ:収入を生活費にしたいなら、まずはWebライターから始めてみよう

誰にでも収入を得るチャンスがある、Webライターブログ

今回は、そのどちらから始めるのがおすすめなのか?選ぶときのポイントについて先輩ママたちに聞きました。

在宅ワークの収入を生活費として確実に稼ぎたいなら、まずWebライターから始めるのがおすすめです。

そのほかにも、

  • SNSが好き
  • 世の中に発信したいことがある
  • 自己主張を抑えられて順応性がある

など、いろんな角度から考えてみるのがよさそうです。

「お金」「自由度」「適性」「やりたい度」などを天秤にかけたときに、ライターとブロガーどっちから始めるべきなのかは見えてくるはずじゃないかなー。

私は自己主張激しいタイプwやし、これから沖縄移住する予定で記事にしたいこともいっぱいあるので、収入を得られるまでに時間はかかりそうだけどこれからもブログを頑張っていこうと思います!

2人の友人にも心強い先輩からのアドバイスを早速伝えたいと思います!!

さて、次回の記事では、私が初めてWebライターのお仕事を選ぶにあたって、先輩ライター達に教えてもらった「ライティング案件の選び方や選ぶ際の注意点」などをご紹介したいと思います。

過去にWebライターのお仕事をしたことがあるメンバーの「案件選びでちょっと失敗した話」や、実際にライターさんに記事書きを依頼していたメンバーの意見も交えてお送りする予定です!

これから在宅ワークを始めてみたい!という方の参考になりましたらうれしいです😊

これまでの在宅ワークの記事一覧はこちらからどうぞ😍

スポンサーリンク