こんにちは!子供の英語をゆるーく始めたりさです。

何につけても「グローバル化」が叫ばれる今日この頃。

「我が子の英語教育、早くからやったほうがいいのかしら…」とお悩みの方も多くいらっしゃるのでは?と思います。

私はどこにでもいるただの主婦ですが、TOEIC900点以上のスコア保持者です。

「どうせ帰国子女でしょ?それか小さい頃から英語を習っていたに違いない!」と思われるでしょうか?

答えはノーで、子供の頃に英語に触れた経験は全くありません。

日本の義務教育通り中学生から勉強を始めた私ですが、大学時代には留学をしたり仕事でも英語を使って海外の方にインタビューをする機会が何度もありました。

自分自身が大きくなってから独学で英語を身につけて来たからこそ、ふと思ったこと。

それは…

そもそも英語教育って小さい頃から始めなきゃいけないのかな?

仕事で日常的に英語を使ってるTsumuRiさんも、大人になってから得意になったタイプだよね。「英語は何歳からでもキャッチアップ可能」っていう話を2人に詳しく聞きたい!

私自身は大人になってからでも十分英語を身につけることが可能だと実感しているので、子供の英語についてはそこまで焦る必要はないと思っています。

同じくTOEICのスコアが900点以上のTsumuRiさんも以前、記事の中で「焦らなくて大丈夫!」という話をしていました!

もともと記事のいち読者だった私ですが「ブロガー喫茶のメンバーになった今、悩めるママさんたちに伝えたいことがある!」ということで続編を書かせていただくことになりました✨

今日はそんな英語が得意なメンバー2人の体験談を通じて、お子さんの英語教育に焦ったり迷ったりしている方に新たな発見をしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

子供の英語教育、みんなそんなに焦らなくても大丈夫!

語学は何歳から始めても得意になれると思う理由

私が「英語は焦らなくても大丈夫!」と考えている理由、それは一言でいえば「語学は本人のやる気次第!」と実感しているからです。

「子供のうちから英語に触れていたほうが発音やリスニングの面で有利」とはよく言われますが、それは大人になるまで勉強を継続できた場合に発揮されること。

小さい頃は英会話教室に通っていて英語が好きだったけど、中学校で英語が勉強になった途端に苦手になったというケースもよく聞きます。

せっかく大好きだった英語が苦手になるなんてもったいない!

逆に「どうしても話したい!」という気持ちがあれば、言い方は悪いですがどうにでもなると思っています。

小さい頃から英語をやっていたから学校で英語が得意科目になるかといえばそれは本人次第。

反対に英語の成績は悪かったけれど大人になってから海外に渡って英語がペラペラになっている人もたくさんいますよね。

自分や周りの英語を話す友人を見ていると、「どれだけの濃度で集中して英語に接することができるか?」が得意になるかどうかの鍵だと実感しています。

日本語もままならない小さいうちから焦って始めるよりも、まずは子供の興味をよく観察すること。

何より英語に苦手意識を持たせないことが大切!と強く思います。

中学生から英語の勉強を始めたりさの場合

私自身は海外の文化に興味を持ったのがきっかけで中学生から英語の勉強を始めました。

最初は学校の英語の授業とラジオの「基礎英語」をひたすら聞くというアナログな学習方法でしたが、分からないところは放課後に学校の先生に聞くなど使えるものは全て使って、結果予備校なしで大学受験も乗り越えました。

どうして英語の勉強を続けることができたのかな?と振り返ると、私の場合は海外の文化に強い憧れがあったから。

全ての始まりは幼い頃に祖父母の家で見た映画「サウンド・オブ・ミュージック」。

そしてその後「ウェスト・サイド・ストーリー」を入り口にミュージカル映画にどハマりしたのがきっかけでした。

「天使にラブソングを…2」のローリン・ヒルも大好きで、音楽だけじゃなく海外の高校生活にも目が釘付けに!大好きなミュージカルの話は語り出すと止まらない…w

今でも舞台や映画館に足を運んだりと、一生物の趣味になっています😄

サウンド・オブ・ミュージックは「ドレミの歌」などおなじみの曲も多いので、小さいお子さんでも楽しめるかも!

「いつか海外で生活してみたい!」という強い気持ちがあったから勉強も頑張れたし、得意科目になるとさらにやる気が出てくる、という良いスパイラルだったように思います。

こういった経験があるからこそ、子供の英語についても「本人のやりたい気持ちが出てきてからで良いかな〜」と5歳になる今まで割とのんびり構えてきました。

と言っても放棄していたわけではなく、本人の関心の芽を見逃さないように気を配ってはいましたが…

大人になってから本格的に始めたTsumuRiの場合

喫茶ぽてこにて

りさ

「TsumuRiさんは大人になってから本格的に英語の勉強を始めたということだけど、どんな風に勉強したの?」

Tsumuri

「わたしが実際にやった英語の勉強は、①目標を設定する②ディクテーション・シャドーイング③多読・多視聴④英会話(オンライン英会話中心に毎日25分×1年程度)⑤文法学習(参考書)という流れ。今思えば、音→文字、インプット→アウトプットと進んでるから、母国語の学習に近い流れかも。」

りさ

ディクテーションやシャドーイングは私も受験期に鬼のようにやってた!リスニング力もつくし良いよね!」

TsumuRiさんと私に共通していたのは、「読む・聞く・話す・書く」をバランスよく集中して学んできたことと、そして時間をかけて取り組んだということでした。

ちなみに会話に出てきた「ディクテーション」と「シャドーイング」とは、

  • 「ディクテーション」…英語の音声を聞き取りながらそれを文字で書き取っていく学習方法
  • 「シャドーイング」…英語の音声を聞き取りながらその後を追うように発音する学習方法

どちらも簡単な英文から始められますし、英語を学ぶのに大変効果的な方法です。

そんな英語の勉強法があるなんてはじめて知った…
学生時代に知りたかったよ!!

TsumuRiさんの英語勉強法については、自身のブログに詳しく書いています!

英検準2級に落ちたわたしが海外経験なしでTOEICスコア900を超えて英語8割の仕事につくまでの学習法
現在は英語の仕事をしているわたしですが、学生の頃は英語が苦手でした。中学から高校まで英語のテストはだいたい平均点ギリギリ、高3の夏に英検準2級(高校中級程度)に落ちる始末。大学生になると英語で書かれた論文の解読に四苦八苦、社会人になってから…

周りに流されてない?

最近は小さいうちから英会話教室に通わせているご家庭も多いですよね!

私自身は、英語もスイミングなどの他の習い事と同様にお子さんの興味があれば&予算があれば!(←大切)通わせるのももちろん1つの方法だと思います。

ですが「親が周りに流されてないか?」というのは大切な視点。

ただ単に「仲の良いお友達が通い始めたから」とか「幼稚園や保育園で通っている子が多いから」といった理由で親が焦って通い始めるのはちょっと心配です。

もちろん「自分が英語で苦労したから、我が子に同じ思いはさせたくない」という親心も分かります。

でも日本語が母国語の家庭で生まれ育って日本の学校に通っている限りは、やっぱりどこかのタイミングで腰を据えて勉強しないと話せるようにはならないんですよね。

「小さいうちから英会話教室に入れてるから自然と英語が得意になるだろう」というのは少し楽観的すぎるかも?

喫茶でもこんな話題が出ました。

喫茶ぽてこにて

りさ

「私のいとこは小さい頃からDWE(ディズニーの英語システム)を母親が買って英会話教室にも通っていたけど、学校の英語の成績もよくなかったし今は全く話せないんだよね。もともと親が意気込んで始めたから、本人の興味がついていかなかったみたい。

なお

私は小5〜高2まで英会話教室通ってたんだけど、いわゆる「親が通わせた」ものだから、全然やる気出なくていかにサボるかを考えてた(笑)
大学卒業後に自分でお金出して通い始めてからの方が少しでも多くのことを吸収しなきゃもったいない!と思って予習復習しっかりしたから身に付いたよ。」

ぽてこ

「親が一方的に通わせたものって、なかなかうまくいかないのが現実だよね…。私も気がつけばピアノを習わせてもらっていたけれど嫌で嫌で…これ高い月謝払ってやらせてもらってる意味あるのかな?とかずっと幼心にも感じてた。
でも親が与えていかないとせっかくの才能を開花させないで終わる可能性だってあるし、子どもにいつ何を与えて、何を続けるかっていう親の選択は本当に難しいよね。」

結局は本人のやる気がないと続かないし、継続できなければ成果も出ないというのは考えてみれば当たり前の話ですよね(英語に限らず!)。

嫌がっている子供を無理やり通わせるのは逆効果ですし、お金ももったいない!

将来お子さんが本当にやりたいことができた時にお金を用意することができなかったら本末転倒です。

何より小さい頃から高額の教材を買ったり英会話教室に通い始めるということは、サポートしていく親もそれなりの覚悟が必要。

お子さんが英語がとにかく大好き!でない限りは、英語を使って何がしたいか明確になってから学んでも決して遅くはないと思うのです。

コスパ重視なら高校や大学時代に留学するのもおすすめ!

意外にメリットが多い?高校留学という選択肢も!

喫茶ぽてこにて

ぽてこ

「2人は大きくなってから英語を習得したわけだけど、「もっと小さい頃からやっておきたかった!」と思ったことはないの?」

Tsumuri

「がっつり英語漬けしてほしかったとは思わないけど、英語の歌やテレビ番組を通して英語の「音」に親しむ機会があったらもうちょっと勉強が楽だったんじゃないかとは思う。

りさ

「私は小さい頃から英会話をやっていたとしても、継続できていたかどうかは分からないからなんとも言えないなぁ…。でも大学に入ったら高校時代に留学してた子が多くて、「高校生の時に留学しておきたかった!」とは思ったよ!」

Tsumuri

「私は留学しようって思ったことなかったから、留学の話は詳しく聞きたい!」

そうなんです。

個人的には、英語を習得するなら「高校時代(もしくは大学)での留学が一番費用対効果が高いのではないか?」と思っています。

私が通っていた大学は帰国子女の学生も多く在籍していたのですが、純粋に日本育ちの子の中にも英語がペラペラの友人が何人もいました。

その多くが高校時代に英語圏に留学していた子たちだったんです!

喫茶ぽてこにて

ぽてこ

「そういえば留学経験者の友達が「幼児教育で英語やらせるより、ある程度大きくなってから留学させる方がコスパいい」みたいなこと言ってたなー。DWEとか買う段階でそんなこと考えるママさんいないと思ったので、そのへんについても考えを聞きたいです!」

おりょう

「うちの高校、英語学科もない超普通の公立だったけど高校2年生の1年間留学する人が学年に1人くらいいたよ!
高3で帰ってくると帰国子女枠使って受験できるらしく、同じクラスの子は推薦で上智の国際教養に行ってた!この話聞いて高校2年生で留学コスパいいなと思った!大学受験に響かないどころかむしろ加点だよね!」

あや

「えーすごいすごい!そんな話聞いてると留学ってすごくいいねって思う。」

りさ

「私の大学の友達2人(いずれも入学時でペラペラ)は高校の時に1年留学して、その分1年遅れで入学してた!高校生だと部活との兼ね合いとかもあるだろうけど、おりょうさんの話みたいにそのままストレートで大学行けるのは良いねぇ。

のん

「うちは普通の家庭やったから妹が留学したいって言い出した時はかなり頑張って両親を説得してたような記憶がある。留学団体があってそれに申し込んで留学してたよ!

留学を見越してお金を貯めておくのも手

親としては留学にかかる費用も気になるところですよね。

喫茶ぽてこにて

ちょこみす

「私も大学1年生のころはめっちゃやる気あったから1年間の交換留学に行く気満々だったけど、親に話したら「そんなお金あるわけないじゃん、バイトしてでも行けば?」という返答だったよ…。

ぽてこ

留学費用含めて教育費の予算どりしてる人もいるみたい。普通は留学費用貯めてる人なんて少ないと思うし(少なくとも本人が留学して良かったって経験持ってる人じゃないと思いつくことさえないと思う)、すごく斬新な考えだなって思った。」

りさ

「私は息子にもできれば留学してもらいたいと思うから、うちも教育費の目標はそれを念頭に多めに設定してる。貯金頑張らないと〜!」

sonic

「留学時に一気に交換するとそのときの為替に左右されるから、教育費の一部を外貨で運用しておくと対策になるのかも?」

このように、喫茶でもお金のことが話題に上がっていました!

気になる留学費用についてですが、個人で留学エージェントなどを利用する場合1ヶ月などの短期では授業料や滞在費、航空券代などをすべて含めて数十万円〜100万円、1年間の長期留学になると安くても200万円ほどかかることが多いようです。

一見高いようだけど、月1万の英会話教室に3歳から18歳まで通ったとしたら合計180万円…。某教材はフルセット購入すると約80万円…。

また高校によっては交換留学制度が充実している学校もあるので、気になる方は進路を考えるときに留学制度についてもチェックしておいても良いかもしれません!

英語はコミュニケーションの道具にすぎない

喫茶ぽてこにて

りさ

「自分が実際に留学して感じたのは、「英語で伝える内容が何より大切」ってことなんだよね。英語はあくまでコミュニケーションする上でのツールでしかないから、子供の頃は英会話教室に通わせるよりもまずはいろんな体験をさせてあげたいし、長所を伸ばすことにお金と時間を使いたいなって思う。

ぽてこ

「英語はツールってめっちゃわかる!Webデザイナー講座が流行ったけどWebの知識もまさしく ”HTMLを使って何をどう表現できるか?” が大事なので、知識だけがあっても現場では役立たない人になっちゃう。それゆえ、Webデザイナーになりたくて専門学校などに通ったのに、なかなか希望職に就職できないって嘆いてる人がたくさんいるのを見てきた。これって英語にも同じことが言えるよね?」

たこ子

「英語自体を学ぶことが目的ではないもんね。英語に関しては、その先にある何か楽しいものを子供自身が見つけられる環境を親が整えてあげることが大事かな~と。だから英語は特別なものではなくて生活の中に普通にある状態にしてあげたいなと思ってるよ。」

なお

「私も「言語はツール」ってホントその通りだと思ってる。仕事で英語使わないし、海外旅行もめったに行かないから、英語ができる魅力って映画や本を見るときに感じるな〜。使える言語が多いと楽しめる作品増えるのは純粋にうらやましい!

私は大学時代に留学したのですが、海外の文化を肌で感じられる&世界各国の友人ができるのは留学だからこそ得られることだと実感しています。

そういう意味では「英語を話せること」は新たな世界へ行く切符のようなもので、その素晴らしさは子供にも伝えたいですし、私自身も勉強を頑張って本当によかったと思っています。

でも同時に感じるのは、英語はそういった経験をする上での道具でしかないということ。

留学先で自分の専攻の授業をいくつか履修したのですが、どの国の学生も自分の訛りは気にせず言いたいことをどんどん主張しているんですよね。

どこで出会ったどんな人でもこちらが伝えようと一生懸命話していればちゃんと最後まで聞いてくれる人が多いですし、理解しようとしてくれます。

留学先のアメリカはもともと移民の国というのもあると思いますが、そもそも世界を見れば日本人が想像するような「きれいな英語」を話す人の方が少数派です。

恥ずかしがったり最初から上手に喋ろうとする必要は全くもってないんです。

留学するならレポートを書けるレベルの英語力はもちろん必要ですが、成績がつくのはあくまでその中身。

我が子に将来英語を武器にしてほしいと思うならなおさら、まずは中身がなければ意味がないんです。

スポンサーリンク

自分の子供にはこんな英語教育してます

始めるなら親子で楽しむのがおすすめ

喫茶ぽてこにて

ぽてこ

「実際に話せる人から見て、幼児英語教育はどのような視点でやるべきと思う?」

りさ

「もともと無理にやらせるつもりは全くなかったんだけど、本人がEテレの「英語であそぼ」にめちゃくちゃ食いついてるのを見てからゆるっと始めたよ。基本は自宅で私が「〇〇って英語でなんていうの?」って質問に答えたり。親子で楽しむのが一番だと思う!」

Tsumuri

「私も子どもに幼児期からの英語教育は考えてなかった。でも平日の食事の支度の間テレビを見てもらうことが多くて、その時間を英語時間にした方が子どものためになるかもしれないって思ったのが始まり。2歳過ぎて日本語がしっかりしたから、ディズニーの英語システムこどもちゃれんじEnglishiconの体験版DVDを親子で見てた。一緒に歌うと本当に嬉しそうにするから、3歳前でこどもちゃれんじEnglishを始めたところ!」

ちょこみす

やっぱり親が楽しいって大きいよね!もっと大きくなったらディズニーチャンネル契約して英語で見せたいし、小学生くらいになったらハイスクールミュージカル(私が英語好きになったきっかけのミュージカル映画)も見せたいな♡うちは英語教育にお金はそんなにかけないスタンスなので、こどもちゃれんじEnglishでゆるっとやっていく感じです!」

あいあい

「親と子が同じものに興味あるってのは、お互いにいいことだよね!」

りさ

「親子で楽しんでいるといえば、たこ子さんは親子留学の経験者だったよね?

たこ子

「親子留学は、子どものためというより親の留学に付き合わせたという面が大きいんやけど、2人にとって英語にどっぷり触れることになった最初の体験だったことは確かなんだよね。私自身がとっても楽しい経験になって、親が楽しんでる姿を見せてあげられたのも良かったのかなー?なんて。

おりょう

「子供の頃はいろんな経験をさせつつ、大きくなった時に自分で決めて動ける行動力を身に付けるサポートしてあげれたらいいのかなーって思えてきた!英語は幼児教育!早期教育!ってかたく考えず、子供が自分の好きなことや興味を広げるの経験の一つとして軽い気持ちでいいんだね。

喫茶メンバーも子供と一緒に英語を楽しんでいるママが多いようです!

親が楽しければ続けやすいし、どうせやるなら親子で楽しんでしまうのがおすすめです。

小学校の英語授業についていけるか心配?

とはいえ小学校の英語の授業に今から不安を抱いているママも多いかもしれませんね。

ここでは詳しく書きませんが、2020年以降に全国の小学校で英語の授業が本格的に始まります。

ですが「小さいうちからお金をかけて英語を習わせないと授業についていけないか?」というと必ずしもそうではないと私は思います。

経済状況も家庭によって違いますし、英語の習い事をしていなければ分からない授業だったら学校の意味がないですもんね😅

小さい頃から英語を習っているからこそ自信を持って授業に取り組めるというメリットはありますが、最初に習う内容はあくまでアルファベットや簡単な挨拶程度です。

個人的には前述した通り、あまりお金をかけずとも家庭で楽しんで英語に触れている程度で十分だと思います。

大切なのは目的を見失わないこと

この記事を通して伝えたかったこと、それは「英語は焦らなくても大丈夫!子供のやりたいことを目一杯させてあげてからでも遅くないよ」ということ。

例えばお子さんが英会話教室に行くよりも毎回公園で遊びたがるなら、そこは公園に行かせてあげたほうがいいんじゃないか、と思うんです。

ジャングルジムに登ったり、地面を歩く蟻を観察したり、お友達と喧嘩したり…。

ただ公園で遊んでいるだけに見えても、大人が考えているよりも子供は本当に沢山のことを吸収しているんですよね。そこから本人の「好き」に繋がる芽が出る可能性だってあります。

2歳でABCの歌が歌えたら周りの人に驚かれるかもしれません。でも、6歳になればみんな歌えるようになります。

小さい頃から英語ばかりに気を取られて焦る必要はないと思いますよ😁

もし親の意向で我が子に英語を習わせるなら、「自分が英語を話せないコンプレックスを子供に押し付けていないか?」「子供に英語を習わせる目的は何なのか?」は一度考えることをおすすめします。

時間と予算は限られているし、家庭それぞれで優先順位は違いますよね。

大切なのは親が周りに流されることなく我が子の興味をよく観察して「いま何をするのが子供にとってベストか」を考えていくことだと日々痛感しています。

私も試行錯誤を続けながら、息子と向き合っていきたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク